求人と面接で募集内容に違いがあった

新しい就職先を探す為に求人誌をチェックして、若い頃は土日祝休みの職を選んでいました。面接では担当の方がフレンドリーな方が多く話しやすい点は良かったのですが求人の募集内容と異なる点が多々ありました。土日祝が休みと記されていて応募をしたのに実際は土曜日は出勤で、日祝日はローテーションを組む場合があることを面接で告げられたこともあります。他にも就業時間の違いや、希望の部署ではなく別の部署への勧誘などがありました。募集内容が求人と違っても魅力ある仕事があり悩みつつも、土日にしか行えない趣味があったので結局は自分の希望に合う条件の求人を見付けて仕事を始めました。当時は自分の思うままに仕事を決めていたので趣味に費やせる時間に満足感はありましたが、年齢を重ねた今では完璧に土日祝が休みじゃなくても受かった求人先の職場を断らずに勤めていたら、どんな未来を過ごしていたのだろうかと考えることがあります。若い頃にあった多くの可能性をもっとチャレンジすれば良かったと思います。